毛穴 詰まり

小鼻の黒ずみの原因

小鼻の黒ずみの原因は、皮膚の酸化です。毛穴にたまった汚れが固まって角柱ができ、それが毛穴を広げてしまい、凹凸が激しくなり、その影が黒く見えるのが一因です。

また、気にして無理に角柱を抜いたりすことなどによって皮膚が傷つき、そうした皮膚を丈夫にしようとメラニンが生成されることも、黒ずみができる大きな原因となっています。

紫外線を浴びるとメラニン生成がおこなわれ、日焼けしますが、これは肌を無防備な状態でなく、防御能力を備えた強い状態にするためです。

紫外線に当たっていなくても、皮膚が傷つくと、肌を強くしようとして傷ついた部分にメラニンが集まってくることがあります。小鼻の汚れを気にして、無理な処置をするのは控えましょう。

小鼻の角柱の正体は?

お顔のパーツの中でも特に気にしてしまうのが、鼻ではないでしょうか。学生の頃に、皮脂が過剰に分泌されその油分が酸化して角柱となりぶつぶつするのは何度も目にしてきたと思います。

ただ大人になるとそれはただの油ではなく、日中のメイクの汚れであったり、スキンケアを怠ったことで古い角質が残っていたりすることで、黒ずみの原因となることが多いのです。

特に小鼻に関しては、鼻をよくかんだり癖で触ってしまうことも多いため、乾燥でお肌が弱りやすい部分でもあります。ただ、角柱とは言っても全く無しの状態には出来ないものの、目立ちにくくすることは可能です。

それもすべて自身の生活習慣を変えていくことには他ならず、日々の丁寧なスキンケアが必須と考えられています。

小鼻の黒ずみを悪化させる間違った対処法

小鼻の黒ずみの原因となる角柱は毛穴パックやピーリングで除去することができます。

しかし、規定以上の回数おこなったり、その後のケアを怠ると毛穴の形状が広がった状態になってしまい黒ずみを悪化させます。

角柱は押し出すと出てきますがこの行為も毛穴を広げ黒ずみを悪化させます。

顔に汚れを残さないためにメイク落としをしすぎてしまうと余計に皮脂が出て毛穴が目立つ原因になります。また、拭き取るタイプのメイク落としは肌を傷つけてしまうため、避けるようにしてください。

甘いものや脂っこい食べ物も皮脂を過剰に分泌させ、毛穴の黒ずみを悪化させるため控える方がよいでしょう。日頃の丁寧なケアと食生活の見直しが黒ずみ解消の近道です。

小鼻の黒ずみを取る方法

鼻がテカテカとして脂ぎることが多い人は鼻を触らないことが正しいスキンケア方法です。どうしてもクセで触ってしまう人は、カチカチとした鼻になってしまいますし、毛穴もつまりますし、柔らかくなりません。

クレンジングをしたらしっかり洗顔をしましょう。お肌を優しく洗います。ゴシゴシ洗わなくても、洗顔料で優しく包み込むように洗います。お肌の正常化をしてあげることが大事です。

洗顔後はしっかり保湿をして肌にうるおいを与えてあげましょう。肌のターンオーバーで翌朝の肌がいきいきしますし、保湿をすることで毛穴の黒ずみから守ってくれます。

鼻がしゅっときれいだと化粧も映えますし、美人メイクができます。鼻は重要なパーツです。

綿棒とオリーブオイルを使って黒ずみを除去する方法

気になる鼻の黒ずみを、家にあるオリーブオイルを使って改善することができるたら話題になっています。とっても簡単な方法なので、ぜひ試してみてください。

まず、下準備として毛穴を開けておきます。こうすることで毛穴 詰まりや汚れを落としやすくするのです。黒ずみが気になる部分にしばらく蒸しタオルを当てておくだけで大丈夫です。

そうしたら、次はオリーブオイルを毛穴を開いた部分に綿棒を使って塗っていきます。塗り終わったら、しばらく置いておきます。この間に、皮脂とオイルが中和して取れやすくなるのです。

しばらくしたら、顔をしっかり洗いオイルを洗い流します。最後は開いた毛穴を閉じるために化粧水でケアをしたら完成です。肌がスッキリきれいになっているはずですよ。

ニベアとオロナインは鼻の黒ずみに有効?

鼻の黒ずみが気になり、色々試してみても良い対策が見当たらない方は、オロナインパックを試してみてはいかがでしょうか。

オロナインパックとは、鼻の毛穴が気になる部分にオロナインをぬり、その上にラップをのせてパックします。

オロナインに含まれる油分がしっかりとラップにより浸透し、固まった皮脂汚れを溶かす事が期待できます。

一般的な毛穴用パックと異なり肌への負担もなく、仕上がりもしっとりしているので、肌トラブルのある方にも適した方法です。

乾燥肌の方にはニベアのパックがおすすめです。オロナイン同様毛穴の汚れが気になる部分に塗り、同様の使い方をするだけですので、はがすタイプを使うと肌荒れしてしまう方には特におすすめです。

いちご鼻ってなに?

俗に言われるいちご鼻とはその名の通り、いちごのように肌がぶつぶつとして凸凹とした毛穴がみられる状態のことです。
鼻は他の部位に比べ皮脂が多い箇所です。そのため過剰に皮脂が出ると酸化して黒ずみの原因となります。

また肌のターンオーバーがうまくおこなわれずにいると、古い角質が正常に剥がれ落ちないので角柱のようなコメドができるおそれもあります。

化粧をされる場合はメイクの油分が少ないものを使用することをおすすめします。無理に取り除くのではなく保湿で肌のターンオーバーを促しゆるやかに毛穴の詰まりを減らすようにしましょう。

剥がすようなパックもありますが、肌へ負担があるので使用は極力さけるように心がけましょう。

いちご鼻の治し方

いちご鼻は、古い角質や皮脂、汚れなどが毛穴に詰まって起こります。そのため、正しいスキンケアを行って、角柱ケアを行い、ターンオーバーを正常化させてインナードライを改善することが大切です。

また、紫外線を浴びると、メラニン色素が増えて、黒ずみの原因ともなってしまいますから、メラニン対策も重要です。

皮脂分泌が多いため、過剰に洗顔を行ったり、ゴシゴシと強く洗ってしまいがちですが、洗顔を過剰に行ったりすることで、皮膚に必要な皮脂までも洗い流してしまいますから、たっぷりの泡でやさしく洗い流すのが大切です。

また、乾燥によっても、皮脂分泌を促進させてしまいますから、しっかりと保湿して乾燥を防ぐこともいちご鼻を防ぐには重要です。

いちご鼻がなかなか治らない原因

メイクをしても目立ってしまういちご鼻がなかなか治らないのには、理由があります。

まず、お肌にはターンオーバーというリズムがあります。このリズムは28日周期で古くなった角質を押し上げて排出することで、きれいなお肌にしています。一度乱れるとすぐには正常化しないので、時間がかかる原因になります。

そもそも、いちご鼻の角柱は、酸化した皮脂や落とせなかったメイクなどは毛穴に入り込むことによって作られます。毎日の積み重ねによってできるので、少しケアをした程度ではきれいにすることはできません。

丁寧な洗顔と、保湿を重視したスキンケア、そして生活習慣の改善をしなければいちご鼻は治りません。すぐに効果が出ないからと諦めず、根気強く行いましょう。

男の毛穴の黒ずみの原因と対策

男性は女性よりも黒ずみやすいといわれています。これは黒ずんでしまう原因である男性ホルモンが多いことで、皮脂分泌が過剰であるためです。

皮脂分泌が過剰であることによって皮脂詰まりが起こりやすく、日焼け止めなどをしないことでメラニン色素が蓄積してしまうことが原因だと考えられています。

これを改善するためには、まず毛穴を蒸しタオルなどで開かせます。その後きちんと洗顔やクレンジングを行うことによって皮脂汚れを落とすことができるようになります。

たっぷりの泡を使って洗顔した後は化粧水と乳液を使って保湿ケアを行います。しっかりケアすることで皮脂が過剰に出るのを防ぐことができます。

ケアと同時に外出するときは紫外線対策をするなども大切です。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジングの選び方

毛穴に詰まっている皮脂が時間とともに酸化してしまうと、黒ずみという形で残ってしまうことが多いです。

黒ずみは角柱がもとになっていますから、角柱ケアできるようなクレンジングを選ぶことで、改善することができます。

メイクを落とすことができるクレンジングオイルやミルクなどを毎日使用するという方は多いですが、肌にダメージを与えやすく、黒ずみを悪化させてしまう可能性も否定できないので、クレンジング剤はなるべく使用しないほうがいいです。

メイクに関しては洗顔料や石けんでも落とすことができますし、きめ細かい泡で丁寧に洗うことによって、頑固な角柱も落としやすくなります。

洗顔料や石けんも自分の肌に合うものを選ぶと負担を軽減できるので、おすすめです。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジング方法

気になる鼻の黒ずみは、正しい洗顔を行うことで簡単に改善することができます。

注意すべきまず、洗顔前には必ず手を洗うようにしましょう。もともとの手が汚れていたら、いくらきれいな泡を立てても肌をきれいにできません。

また、すすぎに使う水の温度にもこだわりましょう。肌の引き締め効果があるからと、水を使用する方も多いようですが、人肌程度のお湯を使うのが一番おすすめです。

なぜなら、それくらいの温度が肌から必要な皮脂を奪うことのない適温であるからです。洗顔時間は長ければ長いほど良いわけではありません。

あまり時間をかけて行うと、肌から水分が蒸発していってしまいます。そうして肌が乾燥すると、ますます黒ずみが目立ってしまいます。洗顔時間は2分以内に収めましょう。

クレンジング後の鼻の黒ずみ対策

クレンジングした後、毛穴を引き締めるために冷水でパッティングするという方が結構いらっしゃいます。

確かに冷水は毛穴の引き締め効果があるのですが、一時的に毛穴が締まるだけで、持続性はありません。ですから、実はそれほど黒ずみの改善や対策には効果がないのです。

冷水パッティングはしないで、しっかり保湿したほうが効果があります。洗顔後すぐに化粧水を使用して、肌を保湿させるというのはとても良いことです。

乾燥を防いだり、エイジングケアにも繋がっていきます。しかし、化粧水を肌に馴染ませる時に、パッティングして叩き込むというのも良くない方法ですので、パッティングしないで肌に押し付けるイメージで浸透させてみてください。

鼻の黒ずみを予防する食生活とは

鼻の黒ずみを予防するには、和食中心の食生活に変えると効果的です。

脂っこい食べ物が多い洋食中心の食生活では、皮脂の分泌量が増えざるを得ません。そのため、皮脂の出口である毛穴が大きく広がって黒く見えてしまいます。

和食の中でも、お米よりも玄米を主食とすると、低カロリーでありながら食物繊維やミネラルを十分に摂取できます。また、玄米は固いためよく噛むようになるのもメリットです。

一口あたり30回以上よく噛むようにすると、唾液の分泌が増え消化酵素アミラーゼにより、栄養の吸収もよくなります。

和食と一緒に緑黄色野菜を食べるようにするのも効果的です。
緑黄色野菜にはビタミンAやCといった抗酸化作用のある栄養素が含まれています。

抗酸化物質は、肌荒れの原因となる活性酸素を除去してくれます。

外食やアルコールを召し上がる方は、外食やアルコールを控えることも検討してみるとよいでしょう。

毛穴詰まりを防ぐ生活習慣

毛穴の詰まりはお肌を汚く見せてしまいます。改善するにはスキンケアも必要ですが、生活習慣を見直すことが大切になります。

まず、睡眠はお肌にとって欠かすことができません。夜10時から2時まではゴールデンタイムと呼ばれているので、早目に寝るようにしましょう。

そして、適度な運動も大切です。ウォーキングやストレッチをするだけで血流が改選され、お肌をきれいにすることができます。

ストレスフリーな生活は大切ですが、ストレスを解消させるためと言って過度な飲酒やタバコは控えるようにしましょう。お肌をきれいにするためのビタミンCが浪費されてしまい、かえって毛穴を詰まらせてしまう原因になります。

食生活もビタミンを多くとるように心掛けましょう。